柱状改良

柱状改良

柱状改良工法 柱状改良の特徴 表層から8m内に支持層がある場合適応摩擦杭的な支持力検討が可能地下水位が有る場合でも影響少ない傾斜地盤にも対応が可能構造物に近接していても施工し易い2mほどの改良なら表層…
続きを見る
アイ・マーク工法

アイ・マーク工法

アイ・マーク工法とは実績のある深層混合処理工法です 特長 3つのタイプのアイ・マークが合体! アイ・マーク + スーパー・アイ・マーク+ アイ・マーク・ウォール 名称:アイ・マークエ法 3つのタイプの…
続きを見る
アイ・マーク工法Ⅱ

アイ・マーク工法Ⅱ

「アイ・マーク工法Ⅱ」「スーパー・アイ・マーク工法Ⅱ」の特徴 地盤の生い立ちや性状を把握せずに住宅やビルを建てると、思わぬ沈下や陥没を招き 建物が傾いたり、ひび割れたりと言うことになりかねません。建物…
続きを見る
スーパー・アイ・マーク工法Ⅱ

スーパー・アイ・マーク工法Ⅱ

「アイ・マーク工法Ⅱ」「スーパー・アイ・マーク工法Ⅱ」の特徴 地盤の生い立ちや性状を把握せずに住宅やビルを建てると、思わぬ沈下や陥没を招き 建物が傾いたり、ひび割れたりと言うことになりかねません。建物…
続きを見る
トリプル・アイ工法

トリプル・アイ工法

トリプル・アイ工法の特長 「連続短ソイルコラム」です。 小規模建築物の地盤補強工事として採用されていた表層地盤改良工事の課題点を解決するために、柱状地盤改良工事(ソイルコラム工法)を利用して、経済的且…
続きを見る