測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > 事業内容 > 地盤保証  
地盤保証
地盤保証の種類 (保証料 有料型・無料型)

住宅の地盤解析や地盤設計、地盤補強が行なわれた後のアフターフォローとして重要なのが地盤保証です。瑕疵担保責任保険以外に、地盤保証が必要な場合に、不同沈下に対して10年間もしくは20年間保証するものです。保証や保険など種類がたくさんありますので、ここでは弊社がお勧めする地盤品質保証と一般的なPL保険を利用した保証を比較します。 地盤保証の種類

*1 弊社が倒産しても、バックアップ保険は工務店様から請求できる仕組みとなっています。
*2 倒産時保証がありますが限定的です。

ポイント
1 地盤保証は、不同沈下を起こさない地盤調査、解析、設計、施工を行われるようにする品質システムであるといえます。万が一に修復などの必要が生じた場合には、賠償責任を行えるように、保険を用意したりバックアップ保険で責任能力を高めます。
2 地盤会社や、地盤保証会社がなくなった場合(倒産等)に責任能力が残るかが地盤保証を選択するうえで重要な要素となります。地盤保証費用や信頼性を照らし合わせて選択します。
3 地盤調査の結果、地盤補強が必要になるかどうかの選択は地域や地盤、建物計画により、建築基準法や告示で定めます。経験測や確率で定めることは不適切です。
4 地盤保証は有料タイプのものが多く存在しますが、瑕疵保険でもカバーされます。有料地盤保証は必ずしも必要がないといえます。但し、瑕疵保険においては、免責額が設定されているため、有料の地盤保証を利用する工務店様があります。そこで弊社では、新しく無料の地盤保証制度(地優連保証制度)をしました。

  特徴
 
トラバースでは、地盤業界のトップ企業として高いノウハウを有しています。地盤事故を起こさないようなサポートを 実現します。
トラバースの実績は大手損害保険会社から高い評価を受けていますので、保証内容を充実したものを安価で提供できます。
地盤保証においては、大手損害保険会社の付保証明が発行できます。

地盤品質保証ワイド (トラバースオリジナル有料型地盤保証)
パターン2 従来型保証 トラバースオリジナル
                                            
★トラバース 地盤保証バックアップ保険契約内容(保険を販売するものではありません)
★地盤品質保証ワイド10年は、平成27年12月31日で受付終了しました。
★地盤品質保証ワイド20年は、平成29年1月1日以降受付物件より、木造・鉄骨造で住宅用途に使用する建物の階数制限が無くなりました。

賠償責任保険引受内容

填補限度額
 
10年保証:対物賠償:1事故につき5,000万円、保険期間中につき5億円。但し、建物の損害については時価限度とする。
20年保証:対物賠償:1事故につき5,000万円、保険期間中につき5億円。但し、建物の損害については時価限度とする。
対象事故
  次の3つの要件を全て満たし、被保険者に責任がある事故
  1)   被保険者による地盤調査または調査結果に基づく地盤補強工事及び杭打ち工事が行われ、被保険者によって地盤調査評価ランクが適合基準以上と評価された地盤に起因すること。
  2)   基礎工事着工の日より1年以内に建設工事が完了し、且つその後1年以内に引渡しをされた建物に財物損壊が生じていること。
  3)   建物の基礎の地盤が建物の荷重により沈下し、その建物が最大で①10年保証:3/1000以上、②20年保証:最初の10年=3/1000以上、以降10年=5/1000以上傾くこと。
お支払いする保険金
  1)   地盤調査もしくは地盤改良工事の結果が原因で上記対象事故が発生した場合に以下の保険金をお支払いします。
  2)   被害者に対する損害賠償金(建物および地盤の原状回復修復費用、仮住居費・転居費等)
  3)   訴訟、仲裁、和解などに要した争訟費用
事故現場の保存・記録に要する費用
主な免責
  1)   地震、噴火、洪水、津波、落雷等の天災、火災、爆発、暴動等の不可抗力に起因する損害
  2)   近隣の土木工事、道路工事もしくは車両の通行などの第三者の人為的な作用により、調査地の基礎地盤に予測し得ない外力が作用したことに起因する損害
  3)   地滑り、崖崩れ、断層の活動、地割れ等の地盤もしくは地形の変動またはこれらに類似の予期できない自然環境の変化に起因する損害
  4)   地盤調査等が、第三者による追加もしくは変更により被保険者が決定した仕様と異なるものであった場合に、その追加もしくは変更に起因する損害
  5)   第三者の支給材料もしくは支給機器類に起因するもの、または発注者の施工に起因する損害
  6)   引渡後に、予定されていた建設工事と異なった工事や地盤変更などを行った場合に、これらに起因する損害
  7)   引渡後の増改築工事、擁壁等を含む外溝工作物工事に起因する損害
  8)   建物の使用目的が変更されたことに起因する損害
  9)   契約締結当時もしくは地盤調査当時に実用化されていた技術では予測もしくは予防することが不可能であった現象に起因する損害
  10)   建物の使用不能に起因する損害
  11)   地盤調査の際に異物(汚染物質、気体等を含みます。)の存在が発見できず、後日当該異物が原因で住居不能となったことに起因する損害
  12)   地下水の増減に起因する損害
  13)   動植物に起因する損害
  14)   被保険者以外が実施した地盤調査、地盤補強、杭打ち工事等に起因する損害
  15)   本宅地における造成時に法律に違反した工事(不良の土留め工事)をなされたことに起因する損害
  16)   建物引渡日以降10年保証は10年、20年保証は20年を経過した後に請求された損害
など

地優連保証制度 (地盤優良事業者連合会 保証料無料型地盤保証)

トラバースオリジナル地盤保証ワイドシステム有料型保証との比較@
地優連保証制度 地盤保証ワイドシステム
保証料 不要
保証区別 PL保険 保証会社にて
別途損害保険バックアップ
地盤改良無し
(直接基礎)
有り
(弊社地盤調査・解析)
有り
(弊社地盤調査・解析)
地盤改良有り
(直接基礎+地盤改良)
有り
(弊社地盤改良)
有り
(弊社地盤改良)

トラバースオリジナル地盤保証ワイドシステム有料型保証との比較A
地優連保証制度 地盤保証ワイドシステム
保証書発行 有り 有り
付保証明書発行 可能 可能
保証対象額 1事故5千万円
(年間最大1億円)
1事故5千万円
(年間最大5億円)
対象建物 建物高さ13m以下
地上3階 地下1階 延べ面積1000m²以下
設計接地圧100kN/m²以下 
主として専用住宅、店舗併用住宅または事務所
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
その他これらに類似の構造
構造:木造・鉄骨・RC造
階数:3階以下 床面積:制限無し
用途:住居共同住宅・併用住宅、
店舗、事務所
保証期間 20年間 10年または、20年間
開始日 基礎工事着工の日 基礎工事着工の日
弊社倒産時保証 地優連倒産時あんしん保証
(限度額3千万円:10年間)
住宅事業者様が保険金受取
(保証対象額まで:保証期間内)
不同沈下程度 6/1000 最初の10年 3/1000:以降 5/1000

      
★地盤品質保証ワイド10年は、平成27年12月31日で受付終了しました。
★地盤品質保証ワイド20年は、平成29年1月1日以降受付物件より、木造・鉄骨造で住宅用途に使用する建物の階数制限が無くなりました。


地優連の地盤判定は、公正な業界スタンダードを目指しました。





NPO住品協技術基準書と地優連の連携